こしあんを使い丸く大きく作ったものを「ぼたもち」
粒あんを使い小さく長細く作ったものを「おはぎ」
と言うそうだ。
これは、「ぼたもち」は春のお彼岸の頃に咲く黒ぼたんの花に似せて大きく丸く作り、春には年を越した皮の硬い小豆しかなかったので、皮をとってこしあんにしていて、一方、「おはぎ」は秋のお彼岸の頃に咲く萩の花に似せて、小さく細長く作り、秋には新豆がとれるので、そのまま粒あんとして作っているかららしい。

昔は季節や収穫の時期に応じて、その時々にあった作物を使い、同じようにその時々にあった名称にしていたのだね。

今じゃ1年中同じようなものが手に入り、その季節にしかどうしても食べられない。というのは、ずいぶんと減っている。
もちろん嬉しいし、便利なんだけど、作物から季節を感じることが出来る喜びは薄れていくよね。
「ぼたもち」「おはぎ」も1年中「おはぎ」という名称で販売する店が多くなったそうですよ。