最近は寒くて寒くて仕方が無い。
そんな時に重宝するのが使い捨てカイロ。
暖かいですよねー。

そんなこと今ではごく当たり前ですが、そんな便利なものが無かった時代。
靴の底にトウガラシを入れておくということがあったそうだ。

そんなもんで暖かくなるのか?と思った人は、是非チャレンジを!
"ヒリヒリ"と暖かくなるみたいですよ。

最近良く聞く"塗るカイロ"と同じ原理ですかね。

ちなみにトウガラシ。
漢字で書くと「唐辛子」
つまり「唐」からきた「辛子」なのだけど、この「唐」は中国の唐ではなく、漠然と海外という意味だそうで、日本にはポルトガル人宣教師が持ってきたのだそう。
それから日本経由で朝鮮に伝わったらしいので、元々中国のものだと思っていたら、どうにも違うのね。