ユー・キャント・ハリー・ラブ(邦題「恋はあせらず」)
フィル・コリンズのカバーバージョンです。

フィル・コリンズの声は綺麗ですよね。
一生懸命歌ってる感じも手伝って、カワイイのですが、
髪の毛の薄くなったオヤジが歌うような歌詞ではないよねw
(ファンの人、気を悪くしないでね)
なんたって母親が娘に「恋愛ってこうなのよ!」って教える歌ですから。

と言いながらも、フィル・コリンズバージョンもお気に入りなんです。




ちなみにフィル・コリンズは元々一流のドラマーなんですね。
1985年のLiveAidの映像でもエリック・クラプトンのドラムを叩いているのが確認できますよ。