手品のハトは、なんで白いハトなの?
平和の象徴だから?
じゃ、次の24時間テレビのテーマを手品で地球を救うにすべきだろうね。
どうも、そういう理由ではなく、手品でよく使われているハトは、ギンバトという種類のハトで、他のハトよりも体が小さく性格もおとなしいから、良く使われているのだそう。

しかも、羽を広げると普通のハトと同じくらいの大きさに見えるので、見栄えも良い。と。

やっぱり、使うにはそれなりの理由があるのだね。

手品は一流のエンターテインメントだし、日韓でも文化レベルでのコミュニケーションは悪くないことを考えると、案外、手品で地球を救うも間違ってないような気もするね。