トークニュース

人生の役に立たない無駄知識から、社会に出ても全く役に立たない無駄知識まで、話のネタになるものを中心に紹介できればいいなと思います。

    雑学・豆知識

    1: ごまカンパチ ★ 2020/06/07(日) 21:33:27.62 ID:mmV+geI69
    https://news.yahoo.co.jp/articles/588424e5b4b96f960acfa2ec264708989d2b6a44
     ユニークな姿と生態で、観賞用としても人気がある食虫植物。
    その祖先が、少なくとも1億年前から虫を捕らえて消化する遺伝子を持っていた可能性があることを、基礎生物学研究所(愛知県岡崎市)などが確認し、発表した。

    同研究所の長谷部光泰教授(57)らは、食虫植物のモウセンゴケ科に属し、国内でよく見られるコモウセンゴケやハエトリソウ、ムジナモに着目した。
    コモウセンゴケは葉の繊毛から粘液を出し、ハエトリソウやムジナモは葉を二つ折りにして虫を捕らえる特徴がある。

    この3種の遺伝子を調べたところ、虫を捕らえて栄養にする能力をうみ出す遺伝子が共通していることがわかった。
    過去の化石などからみて、虫を捕らえる能力は少なくとも1億年前には備わっていた可能性が高いという。
    その後、別の遺伝子が変異し、虫を捕らえる方法の違いにつながったとみられる。

    長谷部教授は
    「食虫のために、誘引など一連の仕組みをどうやって一斉に身につけたのか。また、どうして食虫性に関わる遺伝子が進化することになったのか、
    今後分かるかもしれない」と期待する。

    研究成果は、米科学誌カレント・バイオロジー電子版(https://doi.org/10.1016/j.cub.2020.04.051)に掲載された。

    【【植物】1億年前から虫食べてた? 食虫植物の遺伝子を解明】の続きを読む

    1: ごまカンパチ ★ 2020/06/07(日) 21:06:27.10 ID:mmV+geI69
    https://news.yahoo.co.jp/articles/472e4539ace7f5e9dbbd3cbaa4c72dcf6e4864a0
     責任感のある人なら誰しも、きっと新型コロナウイルスの終息を待ちながら自宅で過ごしてきたことだろう。
    ことによると、アメリカンウイスキーを飲んで大いに酔っ払っているかもしれない。

    それならテーブルの上にウイスキーを数滴ほど垂らしてみてほしい。
    乾いたときに面白いことが起こるからだ。
    ガラス製テーブルの上で乾いたウイスキーに横から光を当てて写真を撮ると、独特のクモの巣状のパターンが形成されている様子がわかる。

    だが、スコッチウイスキーやカナディアンウイスキーならやっても無駄だ。
    ノースカロライナ州立大学とルイヴィル大学の研究者の論文によると、この現象が見られるのはアメリカンウイスキーだけなのだという。
    そしてブランドごとに独自のパターンを形成することが、すでにわかっている。
    このような「ウイスキーのクモの巣」は一種の指紋のような役割を果たす。
    そして将来的には、偽造ウイスキーの摘発に役立つ可能性があると考えられている。

    ■ウイスキーがもつ奇妙な“癖”
    「偽物の特定は可能だと思いますが、それまでにやるべきことは山のようにあります」と、『ACS Nano』に発表された論文の共著者である
    ルイヴィル大学の機械エンジニアのスチュアート・ウイリアムズは言う。
    例えば、評価する際に比較できる画像を蓄積する必要があるという。
    「気温や湿度といった環境要因も結果に影響することがわかりました。このため標準化したテスト手順を作成した上で、人為的ミスを評価する必要があります」

    この研究の過程で貴重なウイスキーが無駄になっているのではないかと、気を揉む人もいるかもしれない。
    だが、心配はいらない。写真のサンプルに使われたウイスキーは、わずか1マイクロリットル(1リットルの100万分の1)。
    30,000滴でようやくショット1杯になるような量だ。
    サンプルは研究者の地元の酒屋や蒸留所から入手したものもあれば、「同僚たちが気前よく無償提供してくれた」ものもある。

    サンプルはごく少量だっただけでなく、アルコール含有量20〜25パーセントに希釈する必要もあった。
    ウイスキーがもつ化学的な奇妙な“癖”が理由である。
    「ウイスキーに水を数滴加えると、フレーバー化合物(芳香族化合物)が生じるという話を聞いたことがあるかもしれません」と、ウィリアムズは言う。
    「その理由のひとつは、水を加えると化合物が逃げ出そうとするというものです。ウイスキーは水が嫌いなんです」。
    つまり、ウイスキーのエタノールも逃げ出そうとすることで、こうした化合物とともに表面に出てくるのだ。

    こうした化学反応が実際に起きていることを、自宅で見ることができる。
    ただし、レーザーポインターがあればの話だ。指数本分のウイスキーがグラスに入っているなら、そこに少しずつ水を加えてみてほしい。
    「ウイスキーはどんどん曇っていきます。そこにレーザーを透過させると、その効果が見えてきます」と、ウイリアムズは言う。
    「わたしは酒屋にレーザーポインターを持参してボトルにレーザーを当てたりしていたので、けげんな目で見られていました。
    ウイスキーが最初はどのくらい曇っているのかを確かめていたのです」

    ■ブランドによって異なる模様
    だが、ウイスキーがほんの少ししかないなら、それを乾燥させてみるといい。水を嫌う化合物が膜(短分子層)を形成する。
    「そしてウイスキーが蒸発するときに、表面が崩れてバラバラになります」とウイリアムズは説明する。
    これによってクモの巣状のパターンが生じるのだ。
    例えば、フォアローゼズなら密な道路網のような模様ができるが、ジャック ダニエルのシングルバレルはかなりまばらな感じだ。
    「ヴァン・ウィンクル スペシャル・リザーブ12年」は木のように見える。「パピー・ヴァン・ウィンクル 23年」のパターンは中央に円として集結し、細胞核のようになる。

    「この膜は堅さであれ座屈現象の挙動であれ、同じものはふたつとありません」と、ウイリアムズは言う。
    研究では、パターンを操作するためにヴァニリンなどの化学物質が追加された。ヴァニリンは名前からわかるように、ヴァニラ風味を与える有機化合物で、
    オーク樽から抽出されたものだ。
    「こうした化学物質を混ぜると、パターンが変わったのです」

    ■アメリカンウイスキーに特有の現象
    ところが、これはアメリカンウイスキーにしか見られない現象らしい。

    ※続きはソースで

    【【酒】アメリカンウイスキーには“指紋”があった!? たった1滴で銘柄を判別する方法が発見される】の続きを読む

    1: チミル ★ 2020/05/22(金) 16:38:51.12 ID:BKCLDUxt9
    新型コロナウイルス感染拡大防止のため、外出自粛や在宅勤務など生活スタイルが変化する中、便秘に悩む人が増えているという。「たかが便秘」と放置していると、生活の質を落とすだけでなく、病気のリスクを高めてしまう。便秘の予防・改善のための生活習慣について専門医に聞いた。

    「休校になってうんちが出ない」「1人の時間がなくなり便秘になった」−。うんち記録アプリ「ウンログ」(東京)が4月に利用者3千人に行った調査によると、コロナの影響による生活スタイルの変化でストレスを感じている人の51・3%が、排便やうんちの状態が「変わった」と答えた。うち便秘になった人は43・3%で、排便回数が減った人は56%に上った。

    同社広報の長瀬みなみさん(29)は「調査では生活が変化して8割の人がストレスを感じ、7割の人が運動量が減ったと答えており、便秘になりやすい状況がそろっている。うんちは健康のバロメーター。回数や色、形、においをチェックすることが大切」と話す。


    ※引用ここまで。全文は下記よりお願いいたします。
    https://www.nishinippon.co.jp/item/n/610339/
    no title

    【【外出自粛】巣ごもりで「便秘」に悩む人が増加…「たかが」と放置しないで 専門医に聞く改善法】の続きを読む

    21: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/05/17(日) 00:38:45.390 ID:/DMYAW7kd
    no title

    no title

    【勉強になる画像ください*勇者ロボの書き方講座】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2020/01/21(火) 07:33:11.68 ID:XzWs68i/0
    急に怖くなったから立てた
    自分の理想の異世界じゃなく行きたくもない世界だったらどうなるのかかんがえただけで恐怖で死にそうなんだ

    【【緊急】異世界転生したらどうなるか真剣に議論しようず【お前ら集合】】の続きを読む

    1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/05/17(日) 00:21:24.100 ID:7mnArWo00
    no title

    【勉強になる画像ください *ち●ぽのランク付け 他】の続きを読む

    1: 朝一から閉店までφ ★ 2020/05/16(土) 20:51:22.79 ID:qa/5fWUs9
    2020年05月16日 16時39分 公開
    ここに毒があるのか…… フグをさばく体験ができる「一尾買い!!トラフグ解体パズル」発売
    “み”から“てっさパーツ”を取り出し皿にのせられるこだわりも。
    [ねとらぼ]

    no title


     メガハウスは遊んで学べる立体パズル「KAITAI PUZZLE」シリーズの新作「一尾買い!!トラフグ解体パズル」を発売した。

     実物と同じ位置に各パーツが並んでおり、部位の名称とともにどこになにがあるのかが分かる「KAITAI PUZZLE」シリーズ。今までに「牛」や「マグロ」「豚」「カニ」「ニワトリ」が発売されている。


    no title

    わかりやすいドクロマーク入り


     「一尾買い!!トラフグ解体パズル」では“み”や“カマ”“しらこ”など全34パーツで構成されており、猛毒のテトロドトキシンが含まれていて食べることができない非可食部位もパーツになっている。ちなみに可食部位パーツは23個、非可食部位パーツは11個で、非可食部位パーツには“ドクロマーク”がついていて一目瞭然となっている。


    no title

    no title

    no title

    こうしてみるとだいたいが食べられない


    no title

    no title



     “てっさ”を並べられる皿パーツと包丁、台座、そして解体パズル免許書シート(組み立てガイド)がついて1580円(税別)。

         ===== 後略 =====
    全文は下記URLで

    https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/2005/16/news031.html

    【ここに毒があるのか…… フグをさばく体験ができる「一尾買い!!トラフグ解体パズル」発売 2020/05/16】の続きを読む

    1: 名無しさん@おーぷん 20/02/22(土)06:31:17 ID:pBi
    ワイには無理や

    【仮に異世界行ったとして知識で無双できるか?】の続きを読む

    178: ななしのいるせいかつ 2008/09/15(月) 23:32:12
    将棋において、初期配置から最短で玉を詰ますには六手かかる

    【覚えていても無駄な知識 *ハウンドドッグは犬犬】の続きを読む

    1: 猪木いっぱい ★ 2020/05/11(月) 12:34:52.63 ID:6dUJp6y79
    フローレンス・ナイチンゲールは科学を可視化する力を理解していた
    簡単な衛生技術で感染症の蔓延を食い止めることができることを説明してくれました。

    ヴィクトリア朝のアイコンであるフローレンス・ナイチンゲールは、近代看護の創始者として最もよく知られています。

    しかし、5月12日に200歳の誕生日を迎えたはずのナイチンゲールは、手洗いなどの簡単な衛生技術が感染症の蔓延を食い止めることができることを説明しようとした統計学とデータの可視化のパイオニアでもありました。

    現在進行中のコロナウイルスの大流行を考えると、このメッセージは特に時宜を得たものであるが、1800年代半ばには広く知られていなかったし、信じられていたわけでもない。

    ナイチンゲールの最もよく知られている図は、バラ図、または極地図として知られている円グラフのバリエーションである。

    その図の中で、ナイチンゲールは、1850年代のクリミア戦争中にイギリス人兵士のほとんどの死の背景には、戦傷ではなく、不衛生な衛生状態があることを示し、そのような死は回避可能であることを示した、とロンドン大学カレッジの統計史家アイリーン・マグネロは言う。

    それは "予防可能な伝染病を排除することができるという明白な証拠データを提供した"

    グラフを作成するために、ナイチンゲールは、彼女と医療スタッフが陸軍の病院や収容所でイギリス兵の世話をしている間に収集したデータを使用しました。

    汚れたリネン類、シラミやノミがはびこる服、ベッドの下に潜むネズミなど、兵士たちの恐ろしい生活環境を観察した。

    戦傷よりも、コレラやチフス、赤痢などの病気で死んでいく兵士の方がはるかに多いことに気づいたのです。

    DeepL翻訳一部割愛全文はリンク先へ
    https://www.sciencenews.org/article/florence-nightingale-birthday-power-visualizing-science
    no title

    no title

    no title

    no title

    【【生誕200年】ナイチンゲールは科学を可視化する力を理解していた】の続きを読む

    このページのトップヘ