トークニュース

人生の役に立たない無駄知識から、社会に出ても全く役に立たない無駄知識まで、話のネタになるものを中心に紹介できればいいなと思います。

    技術

    1: かわる ★ 2020/06/02(火) 20:36:13.98 ID:xs0lZHkV9
     骨と筋肉をつなぐ「けん」の組織を人工的につくる基礎技術を開発したと、東京医科歯科大と岡山大などの研究チームが2日、発表した。けんは損傷すると再生が難しく、新たな治療法開発につながると期待される。論文は同日、国際科学誌に掲載された。 

     医科歯科大の浅原弘嗣教授らはこれまでの研究で、けんの生成に重要な遺伝子「Mkx」を発見。けんの生成にはMkxの働きのほか、物理的な力が加わることが必要なことは分かっていた。

     研究チームはマウスのけんの元となる細胞でMkxを働かせ、左右にひっぱる力を加えながら1週間培養。その結果、コラーゲン繊維が一方向に並ぶ実際のけんと同じような構造の組織ができた。Mkxの働きを抑えたり、力を加えなかったりした細胞では、コラーゲン繊維ができても一方向に並ばなかった。

     浅原教授は「さまざまな再生医療が進んでいるが、けんはまだまだ開発途中。人工的なけんができれば、多くの人の治療に応用できる」と話している。
    https://news.yahoo.co.jp/articles/204a5e7dca59a9b0a5ef5fa15faf77d978210049

    【【再生医療】人工の「けん」作製技術開発 治療への応用期待 医科歯科大など】の続きを読む

    1: チミル ★ 2020/06/02(火) 17:32:08.25 ID:8ffSbkRM9
    point
    ✔︎新透明化技術「ディープ・クリア」は、解剖せずに生物の中身を観察できる
    ✔︎ディープ・クリアは異なる化学処理の相乗効果によって、迅速な色素除去と組織透明化を可能にする
    ✔︎ディープ・クリアは生物の分子レベル違いを解明し、その原因の追究に寄与する

    これまで、内部構造を把握するために多くの生物が「解剖」されてきました。

    しかし、「解剖」には限界があります。特に複雑な細胞や神経系を把握するためのプロセスは難しく、時間がかかる上に失敗のリスクが大きかったのです。

    ウィーン大学・分子生物学研究センターである「Max Perutz Labs」のフロリアン・レイブル博士らは、解剖なしでも生物構造を細部まで観察する方法「ディープ・クリア(DEEP-Clear)」を開発しました。

    この方法により様々な生物を透明化し、中枢神経系などの分析が難しい部位の構造を把握できます。


    ※引用ここまで。全文は下記よりお願いいたします。
    https://nazology.net/archives/61497
    no title

    【【解剖要らず】たった1日で動物の身体を「透明化」する技術が登場! 細胞や神経系が丸見えに】の続きを読む

    1: ごまカンパチ ★ 2020/05/23(土) 18:44:13.24 ID:18Kz8ztF9
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200522-00010002-finders-env
     年々深刻化している、プラスチック廃棄問題。
    WWFによると現在、地球上の海を漂うプラスチックの量は1億5000万トンと推定されており、多くの海洋生物たちが深刻な被害を受けている。
    さらに、これらのプラスチックはほとんどが自然分解されないため数百年に渡って海に残り続けるというのだ。
    そんな中、オランダの生化学会社が開発した、プラスチックに代わる素材がこの問題を解決してくれるのでは、と期待が寄せられている。

    ■1年で分解できる、植物由来のプラスチック
    オランダの生化学会社であるアバンティウム社は、自然分解に数百年を要するプラスチックに代わって、わずか1年以内で分解することができる
    「バイオプラスチック」を開発したと、『The Guardian』が報じた。
    通常プラスチックは石油などの化石燃料から作られるが、このバイオプラスチックは、植物から抽出した糖分を利用して作られる。
    生ごみ処理機で1年以内、屋外放置で数年以内に自然分解ができると実証されているとのこと。環境問題に対する解決の糸口になりそうだ。

    ■大手ビールメーカーなどが支持
    現在このプロジェクトに、ビールメーカーのカールスバーグや飲料メーカーのコカ・コーラ、ヨーグルトメーカーとして知られるダノンなどが支持を表明している。
    中でも、カールスバーグはダンボールで作られたボトルの内側にこのバイオプラスチックを貼り付けた、100%植物由来の「グリーンファイバーボトル」の開発にすでに取り組んでおり、
    早ければ2023年までにこれらのボトルが市場で販売される予定だ。

    現在このバイオプラスチックはとうもろこし、ビーツ、小麦から抽出される糖分を利用し、年間5000トンほどの量を製造される予定だが、
    アバンティウム社は将来的な需要の増加を考え、食品ではなく、生ゴミを原料とするバイオプラスチックの開発に取り組んでいくという。

    ■年内に大規模投資。さらなるパートナーシップも
    アバンティウム社の最高責任者であるトム・ヴァン・アカン氏は、現在世界的なコロナ危機にも関わらず、プロジェクトが順調に進んでいると明かし、
    年内にこの技術への大規模な投資が行われることを期待しているという。
    また夏以降に、さらなる食品メーカー、飲料メーカーとのパートナーシップを発表するという。

    今まで不可能に思えたようなことも、こうやって少しずつ実現されていく。技術の進歩には目をみはるばかりだ。
    プロジェクトを後押しする意味でも、まずは自分の身の回りから出るプラスチックゴミの削減に取り組んでみてはいかがだろうか。

    【【新素材】わずか1年で分解される植物由来のプラスチックに世界中から期待の声。コカ・コーラもプロジェクトを後押し】の続きを読む

    1: ひぃぃ ★ 2020/05/22(金) 23:23:23.33 ID:kht/80HE9
    思わず「絵じゃないの!?」と目を疑ってしまう写真が、ツイッターで話題を呼んでいる。

    こちらはツイッターユーザーの「やまね こーへい」さんが2020年5月18日に投稿した画像である。

    油絵の具を使って描いた絵のような青空と雲。川沿いの木々も色鮮やかで、世界遺産に登録されている原爆ドームが見える。

    とっても素敵な風景画と言われれば、そうだなと頷ける1枚である。だが投稿者のやまねさんは、ツイッターでこの画像を、

     「絵のような広島の街」

    と紹介している。撮影場所は、もちろん広島。こちらは、本通りを撮影した1枚である。

    絵ではないのなら、どうやって撮影したのだろうか。この光景を見た他の人達からも、ツイッターに

     「パッと見て、マジに絵に見えました」
     「絵じゃないんですか?」
     「何と言うアプリで撮影してますか?」

    といった反応が寄せられている。また映画「君の名は。」などで知られる新海誠監督の作画に見えるという人も。

    ■「編集がとても重要で...」

    Jタウンネット20日、撮影者のやまねさんに詳しい話を聞いた。

    20代男性だという彼は、生まれたときから広島暮らしの大学院生。驚いたことに、本格的に写真を撮り始めたのはおよそ1年前からで、技術は独学で身につけたという。

     「機材はミラーレス一眼を使っていますが、スマホで撮ることもあります。この写真は編集がとても重要で、Photoshopというソフトを使って絵のように加工しています。元の写真とは全く別物になっています」

     「過度の編集の良し悪しは写真界隈でよく議題に上がるのですが、僕は写真を作品として楽しんでいるので、あまり気にしていません」(やまねさん)

    編集ソフトを使いこなせるのも、技術のうちの1つであろう。また、やまねさんは写真の中に人物を取り入れることを意識したとも。

     「街の空気感を出すために人を上手に入れることを意識しました」

    4枚の写真は、19年の8月頃に撮影したもの。新型コロナウイルスの影響で、外で写真を撮らなくなり、過去に撮影した写真を編集して「新しい作品」にしているという。

     「生まれ変わった写真がこうやって皆さんのもとに届いているのがとても嬉しいです。これからもよろしくお願いします」

    本当に絵のような写真である。筆者も地元の風景を絵画のようにしてみたいと思ってしまった。

    2020年5月20日 17時0分 Jタウンネット
    https://news.livedoor.com/article/detail/18288933/

    写真
    no title

    no title

    no title

    no title

    【【写真】えっ、これ絵じゃないの? 風景画にしか見えない広島市街の写真が話題に】の続きを読む

    1: 電気うなぎ ★ 2020/05/21(木) 13:14:48.13 ID:VNtyDtcp9
    https://s.response.jp/article/img/2020/05/21/334797/1528460.html?from=tpimg
    【画像:ボルボカーズのケア・キー】


    ボルボカーズ(Volvo Cars)は5月20日、今後全ての新車に180km/hの最高速度制限と、最高速度をさらに低く設定できる「ケア・キー」を導入すると発表した。

    ボルボカーズは、交通事故による死亡者や重傷者をゼロにするために、規制や法律で定められた基準よりも踏み込んだ取り組みを行う。ボルボカーズは、180km/hの最高速度制限とケア・キーの導入により、スピードの出し過ぎによる危険性を強く訴えることで、自動車の安全分野で世界をリードするポジションにいることを明確にする。


    ↓以下詳細はソースでご覧ください

    2020.5.21 Thu 9:36

    https://s.response.jp/article/2020/05/21/334797.html

    【【北欧車】ボルボカーズの全新車、最高速を180km/hに制限…さらに低く設定できるキーも導入】の続きを読む

    1: へっぽこ立て子@エリオット ★ 2020/05/20(水) 15:57:08.87 ID:CAP_USER
     “360度視界”を実現するHUD内蔵ヘルメット「CrossHelmet X1」(関連記事)がついに日本上陸! 2020年5月20日からクラウドファンディングサイト「Makuake」で先行割引提供も含めたキャンペーンを開始しました。

    no title

    HUDを内蔵するスマートヘルメット「CrossHelmet X1」

     CrossHelmet X1は、後部に広角カメラ、内部にHUD(透過型ヘッドアップディスプレイ)を備え、後方170度の範囲も含めた“360度視界”を実現するバイク用の進化型スマートヘルメットです。

     後方視認機能に加えて、HUDへのナビゲーションルート表示、走行中の風切り音やロードノイズなどを低減するノイズキャンセリング機能、夜間の視認性を高めるLEDセーフティライト、Bluetoothによるインカム機能やスマホナビ連携機能なども備えます。わぁ、何てハイテクなの!

    no title

    内部にHUDを搭載
    no title

    後部にカメラを搭載
    no title

    準備完了!(アニメーションGIF)
    no title

    後方170度の視界も含めて360度視界を実現
    no title

    視界の様子 上部のHUDに後方の様子やナビルートなどの情報を表示できる(アニメーションGIF)
    no title

    マイクとスピーカーユニットも備え、インカム機能/多人数で通話できるグループトーク機能なども搭載

    CrossHelmet Overview - YouTube
    https://www.youtube.com/watch?v=QL9-Vh17Wjs



     価格は18万9000円、出荷開始は2020年11月中順以降を予定。本キャンペーンで最大25%オフとする超早割特典などを用意します。

    no title

    15万円となる超早割特典を用意
    no title

    主な仕様。連続4〜6時間の動作が可能。バッテリーは、衝撃や変形などでも発熱や発火を起こさないというリチウムセラミックバッテリーを採用
    no title

    Makuakeのキャンペーンサイト 最大25%オフ(数量限定)の特典を用意する

    □関連ページ
    うぉぉ超ハイテク! “360度視界”を実現するHUD内蔵ヘルメット「CrossHelmet X1」が登場 (1/2) - ねとらぼ
    https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1712/20/news128.html
    Makuake|HUD+カメラ搭載!スマートモーターサイクルヘルメット|CrossHelmet|マクアケ - クラウドファンディング
    https://www.makuake.com/project/cros_helmet/

    2020年05月20日 14時00分 公開
    ねとらぼ
    https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/2005/20/news079.html

    【【バイク】近未来ついにきたぞぉぉぉ “360度視界”を実現するブッ飛びハイテクヘルメット「CrossHelmet」日本上陸】の続きを読む

    1: しじみ ◆fbtBqopam767 しじみ ★ 2020/05/13(水) 12:52:52.70 ID:CAP_USER
    鏡というものは、自分では直接見ることができないものを見る際の助けになる。ハイウェイで後ろから追い越していくクルマや、自分の顔にできた嫌な吹き出物といったものだ。そして光沢のある物体にちょっとしたコンピューター処理を施すことで、ほぼ何でも鏡のように使えることが、このほど明らかになった。

    ワシントン大学のコンピューター科学者のチームが発表した最新の研究によると、金属で表面処理を施したスナック菓子の袋から反射される光を利用して、周囲の環境を比較的信頼できる状態で画像として復元できたという。研究チームは論文で次のように説明している。

    「注目すべきことに、光沢のあるポテトチップスの袋を撮影したイメージには、袋が置かれている部屋の詳細な画像を再構築できる程度に十分な手がかりがある。そこには部屋の照明や窓の位置、窓の外に見える物の配置などについての情報が含まれている」

    この論文は、ワシントン大学のパク・チョンジュン、アレクサンダー・ホリンスキー、スティーヴ・セイツの研究チームによるもので、6月にオンライで開催されるカンファレンス「Computer Vision and Pattern Recognition Conference」の資料に掲載される。

    今回の研究は仮想現実(VR)や拡張現実(AR)の技術的な障害を解決する助けになる。だが、一部の専門家らは、この研究の潜在的な利用(と悪用)の可能性はそれをはるかに上回ると指摘している。

    ■反射光のゆがみを補正して画像を作成

    厳密に言えば、研究チームが実験に使ったのはポテトチップスの袋ではない。コーンスナックをチョコレートでコーティングした韓国のスナック菓子「コンチョ」である。

    とはいえ、中身がコーンスナックであろうとポテトチップスであろうと、スナック菓子の袋は曇ってゆがんだ鏡のように作用する。袋に当たって跳ね返る反射光には、部屋のひどくゆがんだ反射像が含まれているのだ。研究チームはこの反射光のゆがみを補正して、ぼやけてはいるが認識可能な画像を作成するアルゴリズムを開発した。

    ひとつの事例では、窓の前に立っている男性のシルエットを抽出することができた。別の例では袋の反射光を使うことで、部屋の窓越しに見える通りの向こう側の住宅を、何階建てなのかわかるほどの明瞭さで確認できた。

    このアルゴリズムは光沢のある物体が対象で、光沢があるほどいい。例えば、陶磁製の猫の置物の光沢によっても、周囲にある天井の照明の配置を認識できた。

    続きはソースで

    https://news.yahoo.co.jp/articles/d969a241e956c1f4cf2820d630943ff545ff4f61

    【【研究】スナック菓子の袋に反射した光から、周囲の様子を画像で“復元”する】の続きを読む

    1: さかい ★ 2020/05/09(土) 10:10:01.57 ID:dd6+nqSH9 BE:656475691-2BP(1000)
     政府は、新型コロナウイルス対策で国が開発を進める濃厚接触者の通知アプリについて、利用者の電話番号や位置情報を特定できない「匿名型」とする方針を発表した。官民連携チームの会合で8日、決まった。政府は5月中の実用化をめざしている。

     アプリはスマートフォン用で、近距離無線通信ブルートゥースを利用する。アプリの利用者同士が近い距離で一定時間過ごすと、互いの端末内部にアプリ専用のIDが記録される。利用者の感染が判明した場合、濃厚接触の疑いがある利用者のアプリに通知が届く。

     IDは一定期間で変更され、接触記録は利用者の端末内だけで管理・照合されるなど、国やアプリ制作会社、通信事業者が接触者を特定できない仕組みにする。

     海外の同様のアプリでは、位置情報から接触者を特定できたり、利用者に電話番号を登録させたりする方式も採用されているが、日本は利用者のプライバシー保護を優先した。


    ソース(2020/05/09 09:46)
    https://www.yomiuri.co.jp/science/20200509-OYT1T50133/

    【【新型コロナ】国が開発を進める濃厚接触者の通知アプリ、匿名型に…月内実用化めざす】の続きを読む

    このページのトップヘ