1: ジェット ★ 2020/05/23(土) 21:14:19.20 ID:4e4z4ZAV9
 新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、大学ではリモート授業が進められている。実際に体感した「夜回り先生」こと教育家の水谷修氏は、その問題点を指摘。教員と学生が顔を合わせて接することができるまで同形式の授業は取り止め、学生を支援しながら対面可能になる日に備えるべきと提言した。

(中略)

 すべての大学と、心ある教員にお願いです。リモート授業は、完全にすべての学生に対する責任を持つことができないならば止めましょう。そして、この新型コロナウイルスの問題が一段落したら、きちんと授業しましょう。当然、学生たちがそのために受ける金銭的な問題については、大学、政府がきちんと解決するように動きながら。授業料はこれから2年間無料。生活費についても補助。いろいろなことができます。

(後略)

(水谷修)

全文はソースで

まいどなニュース
https://maidonanews.jp/article/13386541

【【新型コロナ】夜回り先生が大学でのリモート講義に苦言「これが講義なのか」中止すべき】の続きを読む