トークニュース

人生の役に立たない無駄知識から、社会に出ても全く役に立たない無駄知識まで、話のネタになるものを中心に紹介できればいいなと思います。

    技術

    1: チミル ★ 2020/05/22(金) 00:16:26.25 ID:BKCLDUxt9
    香港科技大学の研究者が、人間の目の構造を模倣した球状の人工視覚センサーを開発しました。

    このセンサーは光を集中させるためのレンズと、半球状の網膜の役目を果たす部分で構成されます。また球体部は直径2cmほどの大きさで人間の眼とほぼ同じ。そしてその内部は導電性の液体で満たされます。半球状の網膜にあたる部分は光で発電するペロブスカイトナノワイヤーの高密度アレイから作られ、活性化されると人間の神経細胞と同様に電気信号を発生します。

    この視覚センサーはただ人間の眼を模した構造になっているだけではなく、実際に可視光の入力に関して人間の眼に近い応答性と優れた回復性を示します。

    視野角については人間が130〜150度ほどとされるのに対して約100度と狭いものの、まだ改良の余地があり、将来的には解決される問題だとされます。とはいえ、他の人工視覚はイメージセンサーが平面状のものが多いため、さらに視野角が狭いと研究者は指摘しています。


    ※引用ここまで。全文は下記よりお願いいたします。
    https://japanese.engadget.com/jp-2020-05-21-cyborg-eye.html?1

    【【未来感】眼球模倣の「サイボーグ・アイ」を香港科技大学が開発 光で発電、人の眼より高解像度化も可能】の続きを読む

    1: 電気うなぎ ★ 2020/05/21(木) 13:14:48.13 ID:VNtyDtcp9
    https://s.response.jp/article/img/2020/05/21/334797/1528460.html?from=tpimg
    【画像:ボルボカーズのケア・キー】


    ボルボカーズ(Volvo Cars)は5月20日、今後全ての新車に180km/hの最高速度制限と、最高速度をさらに低く設定できる「ケア・キー」を導入すると発表した。

    ボルボカーズは、交通事故による死亡者や重傷者をゼロにするために、規制や法律で定められた基準よりも踏み込んだ取り組みを行う。ボルボカーズは、180km/hの最高速度制限とケア・キーの導入により、スピードの出し過ぎによる危険性を強く訴えることで、自動車の安全分野で世界をリードするポジションにいることを明確にする。


    ↓以下詳細はソースでご覧ください

    2020.5.21 Thu 9:36

    https://s.response.jp/article/2020/05/21/334797.html

    【【北欧車】ボルボカーズの全新車、最高速を180km/hに制限…さらに低く設定できるキーも導入】の続きを読む

    1: へっぽこ立て子@エリオット ★ 2020/05/20(水) 15:57:08.87 ID:CAP_USER
     “360度視界”を実現するHUD内蔵ヘルメット「CrossHelmet X1」(関連記事)がついに日本上陸! 2020年5月20日からクラウドファンディングサイト「Makuake」で先行割引提供も含めたキャンペーンを開始しました。

    no title

    HUDを内蔵するスマートヘルメット「CrossHelmet X1」

     CrossHelmet X1は、後部に広角カメラ、内部にHUD(透過型ヘッドアップディスプレイ)を備え、後方170度の範囲も含めた“360度視界”を実現するバイク用の進化型スマートヘルメットです。

     後方視認機能に加えて、HUDへのナビゲーションルート表示、走行中の風切り音やロードノイズなどを低減するノイズキャンセリング機能、夜間の視認性を高めるLEDセーフティライト、Bluetoothによるインカム機能やスマホナビ連携機能なども備えます。わぁ、何てハイテクなの!

    no title

    内部にHUDを搭載
    no title

    後部にカメラを搭載
    no title

    準備完了!(アニメーションGIF)
    no title

    後方170度の視界も含めて360度視界を実現
    no title

    視界の様子 上部のHUDに後方の様子やナビルートなどの情報を表示できる(アニメーションGIF)
    no title

    マイクとスピーカーユニットも備え、インカム機能/多人数で通話できるグループトーク機能なども搭載

    CrossHelmet Overview - YouTube
    https://www.youtube.com/watch?v=QL9-Vh17Wjs



     価格は18万9000円、出荷開始は2020年11月中順以降を予定。本キャンペーンで最大25%オフとする超早割特典などを用意します。

    no title

    15万円となる超早割特典を用意
    no title

    主な仕様。連続4〜6時間の動作が可能。バッテリーは、衝撃や変形などでも発熱や発火を起こさないというリチウムセラミックバッテリーを採用
    no title

    Makuakeのキャンペーンサイト 最大25%オフ(数量限定)の特典を用意する

    □関連ページ
    うぉぉ超ハイテク! “360度視界”を実現するHUD内蔵ヘルメット「CrossHelmet X1」が登場 (1/2) - ねとらぼ
    https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1712/20/news128.html
    Makuake|HUD+カメラ搭載!スマートモーターサイクルヘルメット|CrossHelmet|マクアケ - クラウドファンディング
    https://www.makuake.com/project/cros_helmet/

    2020年05月20日 14時00分 公開
    ねとらぼ
    https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/2005/20/news079.html

    【【バイク】近未来ついにきたぞぉぉぉ “360度視界”を実現するブッ飛びハイテクヘルメット「CrossHelmet」日本上陸】の続きを読む

    1: しじみ ◆fbtBqopam767 しじみ ★ 2020/05/13(水) 12:52:52.70 ID:CAP_USER
    鏡というものは、自分では直接見ることができないものを見る際の助けになる。ハイウェイで後ろから追い越していくクルマや、自分の顔にできた嫌な吹き出物といったものだ。そして光沢のある物体にちょっとしたコンピューター処理を施すことで、ほぼ何でも鏡のように使えることが、このほど明らかになった。

    ワシントン大学のコンピューター科学者のチームが発表した最新の研究によると、金属で表面処理を施したスナック菓子の袋から反射される光を利用して、周囲の環境を比較的信頼できる状態で画像として復元できたという。研究チームは論文で次のように説明している。

    「注目すべきことに、光沢のあるポテトチップスの袋を撮影したイメージには、袋が置かれている部屋の詳細な画像を再構築できる程度に十分な手がかりがある。そこには部屋の照明や窓の位置、窓の外に見える物の配置などについての情報が含まれている」

    この論文は、ワシントン大学のパク・チョンジュン、アレクサンダー・ホリンスキー、スティーヴ・セイツの研究チームによるもので、6月にオンライで開催されるカンファレンス「Computer Vision and Pattern Recognition Conference」の資料に掲載される。

    今回の研究は仮想現実(VR)や拡張現実(AR)の技術的な障害を解決する助けになる。だが、一部の専門家らは、この研究の潜在的な利用(と悪用)の可能性はそれをはるかに上回ると指摘している。

    ■反射光のゆがみを補正して画像を作成

    厳密に言えば、研究チームが実験に使ったのはポテトチップスの袋ではない。コーンスナックをチョコレートでコーティングした韓国のスナック菓子「コンチョ」である。

    とはいえ、中身がコーンスナックであろうとポテトチップスであろうと、スナック菓子の袋は曇ってゆがんだ鏡のように作用する。袋に当たって跳ね返る反射光には、部屋のひどくゆがんだ反射像が含まれているのだ。研究チームはこの反射光のゆがみを補正して、ぼやけてはいるが認識可能な画像を作成するアルゴリズムを開発した。

    ひとつの事例では、窓の前に立っている男性のシルエットを抽出することができた。別の例では袋の反射光を使うことで、部屋の窓越しに見える通りの向こう側の住宅を、何階建てなのかわかるほどの明瞭さで確認できた。

    このアルゴリズムは光沢のある物体が対象で、光沢があるほどいい。例えば、陶磁製の猫の置物の光沢によっても、周囲にある天井の照明の配置を認識できた。

    続きはソースで

    https://news.yahoo.co.jp/articles/d969a241e956c1f4cf2820d630943ff545ff4f61

    【【研究】スナック菓子の袋に反射した光から、周囲の様子を画像で“復元”する】の続きを読む

    このページのトップヘ